福寿草,蕗の薹 そして 体育着

silk-yさんのお庭の福寿草に続き、我が家でも咲き始めていました。

蕗の薹も2個。もう少し増えたら、蕗味噌か天婦羅にしよと思っていますが・・・出てきてくれるでしょうか?

f:id:mio20100501:20200215135851j:plain
f:id:mio20100501:20200215135905j:plain

先日12日、入学説明会がありました。事前に申し込んであった、半そで短パン・ジャージーの上下を園から帰っRが見つけ大喜び。入浴後に白の半そで、紺の短パンをはいて家中を駆けまわておりました。その後、静かになったと思ったら今度は紺上下のジャージー。一年生になる嬉しさが体からあふれています。

袋物

Rの入園時の袋物は娘が生地を選びアップリケなど可愛いバッグを作っていました。

春の小学校入学の物も自分で作るだろうと思っていたのです。ところが丁度忙しい時に重なり時間がとれません。頼まれたわけではないのですが、私が作ることにしました。

ならばKの分も、とお嫁さんに聞いてみると「ぜひ、お願いします。」とのこと。

パソコンで生地を探しているとき、リサラーソンの猫が可愛くて、どうかと娘に聞くとRも脇から覗いて二人同時に「ブルーのハリネズミ」でした。決まり。生地はネットで注文。副素材は近くの手芸店で調達。

早速、作ってみました。作り方などは検索するといろいろ出てきます。裏もつけて出来上がり。体育着入れは、ランドセルの上から担ぐので、ナップサック風にして、紐はあとで調整することに。

f:id:mio20100501:20200209091335j:plain

今日は息子一家が娘の誕生日を祝って、ピザパーティーに招待してくれました。いろいろ気遣ってくれる息子夫婦に親として嬉しい限りです。(特にお嫁さんは息子が単身赴任中で二人の子育てに忙しい時期、本人も仕事を持ち、どれだけ時間があっても足りないくらいの日々でしょうに。)

久しぶりにパスタ。

f:id:mio20100501:20200207193242j:plain

今日は娘がお休みで、夕食を作ってくれました。

イカ、ホタテ入り 、たらこと海苔の佃煮のスパゲティーでした。どんな味になるのかと思っていましたが、これがとてもおいしいパスタでした。Rにはたらこの味が口にあわなかったようで、残しましたが、カボチャスープとサラダは喜んでおりました。苦手なものでも少し食べてみると、いつも娘に言われています。

 写真を撮らなかったことに食べてしまってから気が付きました。我が家も黒い器を使いましたがこの写真はレシピに載っていたものです。

保育園のRとKのクラスでインフルが増えています。今週初めは2人、今日は、まだ7人がお休みです。

昨日から冷え込み、庭はうっすらと雪化粧。これ位では降った内には入りません。Rは買ってもらったスノーブーツで雪遊びをしたいのですが、この雪の少なさでは無理でしょう。

雪が降らないので、農作物が大丈夫か心配になるほどです。夏のオリンピック時に水不足にならないかとそちらも気にかかります。

 

節分

f:id:mio20100501:20200203195644j:plain

 

昨夜、Rが珍しく「明日、保育園お休みしたいなー。」と娘に訴えておりました。

お腹でも痛いのかと思っていましたら娘に「明日が節分だから?」と聞かれ、しぶしぶ頷いておりました。

でも鬼が園長先生ということは皆が知っているし、「スリッパ履いてたりするんだよ。」なんてところまで見ているのにです。とにかく怖いらしいのです。

今朝になっても「アー行きたくない。」と言いながら出かけました。

 

まだまだ小さかったころ。

園で「ホールで節分やりますよ。」と保育士さんに言われ「鬼退治するぞー。」と真っ先に部屋から飛び出していったRが、ホールで鬼を見て血相変えて、一番最初にて戻ってきたころのことを、節分なるといつも思い出します。

あの頃の可愛さは格別でした。そういえばMも鬼が怖かったようです。Kはどうかな?

 

工作

f:id:mio20100501:20200131160227j:plain

ミシン仕事をする時、小道具をさっと手にできないか、あれこれ考えていました。(今まで何してたんでしょう。)裁縫箱の引き出しに入れておいたのですが、取り出しにくかったのです。家にあるもので何とか代用できないか、ここ2.3日考えていました。

鉛筆立てのようで、鉛筆立てではない・・・高さのあるものは(目打ちなど)もぐってしまいます)。ある程度重さがないと倒れてしまいます。低めで、重さもあり、安定感のあるもの。それも家にあるもので何とかしたい。思い出しました。気に入った湯呑だったのにかいてしまって、でも捨てられないのが引き出しの奥に私を待っていました。

湯呑の高さ 8.5センチ(中は8センチ)。

残り布で筒状に作り(茶碗の倍の高さに作り余分は中に入れ込む)裾は折り返してポケットのように。そこに指ぬきや糸通し、ハトメパンチを入れます。

ミシンは自動で糸通しがありますがボタン付けなどの時にはどうしても糸通しが必要なのです。でも薄くて引き出しの底にあると取り出しにくいのでした。

出来上がって、糸切鋏、へら、目打ち2本、リッパー、鉛筆を入れ、ポケットには毛抜き、糸通し、ボタンノミ等を。

夫に「すごいの作ったでしょう?」と聞いてみましたが、反応なしでした。

 

 

ミシン復活。

今月初めに動かなくなったミシン。最初はメーカーに送って修理してもらうつもりでしたが(メーカーの保証期間は一年)販売店の保証が5年だったと思いだし、販売店に送りました。あちらに届いた日に「よく使っていますね。こんなに縫い埃が溜まったミシン見たことないです。」と驚きの電話がありました。販売店では無理なので、メーカーに依頼するとのこと。修理代は保証期間ですからかかりませんが、部品交換で代金がかなりかかるとのこと。新しく買うよりは安いですが・・・。

売店は「使用頻度が高いなら職業用を買われたら?」と勧められましたが、ロックミシンを持っていないので、縁かがりやボタンホールも出来ないと困るのです。一先ず送り返してもらうことにしました。

夫はこの際だから、気に入った機種があるのなら買い替えを考えたらと言うのですが、なかなか決断が付きません。そうこうしているときに夫がダメモトで開けてみることにしたのです。外側を外し、しばらくはずみ車を動かしていましたが「これでどうですか?」と言うのです。今まで動かなかったはずみ車が、動くではありませんか?

カバーを取り付け糸をセットし、電源を入れて試し縫いをしてみました。直線も縁かがりもきれいに縫うことが出来ました。

娘が帰ってきて、早速、ミシンの話をしました。「ミシンをなおす人って凄い。そう、いないわよね。」と盛り上がっていると脇でその話を聞いていたRが言いました。

「すごい とか、いない とか、珍しい とか・・・ジジちゃんって ゼツメツキグシュ なの?」

驚きました。動物の番組はよく見ているのですが・・・絶滅危惧種とは。

早いころ、ババチャンはサルが進化・・・と言われたときもありましたっけ。

オセロゲーム

f:id:mio20100501:20200125203811j:plain

皆でオセロゲームをやっています。

軽く勝つだろうと思って始めた対戦相手は6歳のR。

軽く負けてしまいました。ガッカリ。

 

そして、夕食後トランプの神経衰弱をやっていた新婚時代のことを、思い出しました。昔々のお話です。

夫は人の顔や名前、電話番号などを憶えるのを苦手としていました。

私はどちらかと言えば、得手でしたからこのゲームは勝つと思っていたのです。

ところが何回やっても勝てません。涙がこぼれました。それでも毎晩やっていたのです。(笑)

ひどい方向音痴ですが、そんなことも影響しているのでしょうか?

 

お風呂すませ、二階へ上がるRが、途中で戻ってきて言いました。「ババチャン、明日もオセロやろうね。」