ようやく完成・・・そしてハズキルーペ

f:id:mio20100501:20181113163239j:plain

 

 

久し振りの編み物、手も肩も痛くなり、昨日インフルエンザのワクチンも接種したので左上腕部が腫れて(これは編み物に無関係)…でもどうにか出来上がりました。編み始めはきつく、だんだん手がなれて緩くなってきたので、トンガリ模様の部分が大きくなってきました。

 

不細工な仕上がりですが、Rも娘も喜んでくれました。

 

ベッドに入ってから眠くなるまで本を読んでいますが、そのまま眠ってしまうことも多く眼鏡が広がってしまいました。

昨日、出かけたついでに眼鏡屋さんに寄り調整してもらい、検眼もしていただきました。

裸眼で視力1.2。老眼鏡も今のままで問題ないとのことで、辞書の小さな文字もはっきり読むことが出来ました。

ハズキルーペが置いてあったので試しにかけてみると、いいような悪いような・・・。

眼鏡をかけたまま使えるとのことでしたが、眼鏡の度とハズキルーペの度の兼ね合いが微妙で、実際にかけて作業してみないとわからないですね。

眼鏡と見たい対象との距離が読書やミシンかけの時では違います。ミシン仕事の時にもう少し大きく見えたらと思って期待していましたが拡大度が思ったほどではありませんでした。

 

編み物

f:id:mio20100501:20181111172452j:plain

 

 

先日、娘と買い物の帰りに本屋さんへ寄りました。久しぶりです。季節柄編み物の本が沢山出ておりました。その中の一冊が気になり、ページを開くと以前、hanamizuki さんに教えていただいたスヌードに似た帽子が載っておりました。 悪戦苦闘しながらも楽しい時間でした。あの時の毛糸も残っているのでやってみようかなーと本を買ったのです。

早速、始めましたが、目はショボショボして編み図が見難いのです。編んではほどき、編んではほどき…肩も手も痛くなってきました。Rの帽子を編むと宣言したので園から帰ってくると「ババチャン、出来た?」と飛んできます。「ババチャン頑張るからね。」と言ってはみたものの、次の日も「ババチャン出来た?」と。三日目には前日より少しも進んでいないとわかると、私の肩に手をかけて「ババチャン、洋服だけにした方がいいんじゃない?」と言われてしまいました。あー何時になったら出来るのでしょうか?

本も買ったし、毛糸も注文、夫には「次は帽子編みますから・・・。」と言ってしまったし・・・口は災いの元。

mio20100501.hatenablog.com

mio20100501.hatenablog.com

 

食欲旺盛

 

 

先週土曜日が文化祭だったM、月曜日が振替のお休みでした。息子も休みをとり、二人で過ごしたそうです。

午前中は庭に植えた落花生の収穫。今年もMは頑張りました。

自転車に乗ってお裾分けを届けてくれました。

海水と同じ塩分で茹でホクホクをいただきました。ごちそうさま。

f:id:mio20100501:20181107045221j:plain

 

f:id:mio20100501:20181107045305j:plain

 

ランチはステーキ。300gをたいらげ「まだ食べられる。」だったそうです。

体も大きくなり、よく食べるようになりました。

晦日は我が家で年越しですが、お肉を沢山用意しなければいけません。

モリモリ食べるのを見るのは嬉しく楽しいものです。

 

シャキシャキ。

 

11月に入って庭も淋しくなってきました。

そんな中で頑張って咲いてくれるのが大好きなパイナップルセージ

葉に触れると素敵な香りがします。

 

f:id:mio20100501:20181104160657j:plain

 

そして今年一番の頑張り屋さんは アイスバーグ

気温が下がってもなお咲き続け、その花姿は清楚で凜として・・・いつまでも眺めていたいバラです。

f:id:mio20100501:20181104163853j:plain 

日曜日ですが娘は仕事です。

Rはお昼に もやしラーメン が食べたいと言います。

JAの直販所で地物のレタスが売られていますが、畑から収穫したそのままの姿で袋に入れてあるのでサラダにするには外葉を何枚かとります。

その葉がかなりの量なので、炒飯にしたり、お味噌汁にいれたり・・・ほかに何かと考えていると夫が「ラーメンに入れたら?」と言うのです

早速やってみました。

特別、美味しいと言うわけではありませんが、シャキシャキ とした食感は変わらず、もやしも シャキシャキ・・・三人で シャキシャキ いただきました。

Rの器にはラーメンよりもやしの本数が多いほど・・・(ちょっとオーバー?)

Rが「今度、お母さんのいる時にも シャキシャキ しようね。」と言いました。

 

この時期、スーパーの店頭では おけさ柿 が並んでいます。

佐渡以外でも生産されていますが、我が家では佐渡産の柿がお気に入りです。

食後、その柿をむきました。

 

 

 

 

 

 

フワフワ モフモフ

昨日の昼前の事でした。

「毛が飛んで凄いわー」と言うと、「夏からみたら、まだましでしょう。」と夫が言いました。

「季節に関係ないんじゃない?」と私。「そんなことないだろう。夏には抜けるよ。」と夫。

夫はヴァルカンの事、私はファーの事・・・話がかみ合いませんでした。 (笑)

 

f:id:mio20100501:20181101092139j:plain

3年前に一枚だけ作ったことがあったファーのベスト。

最近素敵なファーを扱うHPを見つけたので再度挑戦です。

そのファー生地が届いたので早速裁断しました。フワフワの毛が飛んで大変。

それで  のような会話となったのです。

四苦八苦してどうにか形になりました。

写真では分かりにくいデスが、左が Kの バンビ  右が Rの フォックス

フワフワの手触りです。二人が気に入ってくれるでしょうか?

 

 

 

何とお読みするんですか?

 

 

地元紙夕刊にこんなクイズが載っていました。

難読名字クイズ

五十里屋   月出   残熊   磴   猿子   三九二   四月朔日   焔硝岩   莅戸

いかがでしょうか?(答えはクリックしてください。)

 

なお、当県の名字ランキングは

佐藤・渡辺・小林・高橋・鈴木・斉藤・阿部・長谷川・山田・五十嵐 だそうです。

 

朝刊には うぶ声欄 があり、届け出順に生まれた子供の名が載っています。(希望者のみ)

名には流行があり、ふりがな がついているので読めますが何もなければなんと読むのかわからない事も多いです。

 

夫の家では、男子の名はなかなか読んでいただけません。・・・なんというか摩訶不思議な読み方もあります。

息子が生まれた時、名前が決まりちゃんと読んでもらえたのは夫の祖母と私の国語の担任だけでした。

 

 

 

保育タンケン?

昨日は娘と孫が楽しみにしていた保育体験日でした。

一日一組。前もって都合の良い日を決め、いつもより遅めに登園しました。

(Rはいつものことですが、娘も白いご飯持参)

Rは嬉しくて嬉しくて大はしゃぎ。

Rは体験と言う言葉に馴染みないのか保育探検と言ったりします。

夫が「体験だよ。」と言うと「ちょっと間違えただけでしょう。あまり言われると嫌な気分になるの。ジジチャンだって間違えることあるでしょう?」と逆襲。

そりゃそうです。最近の私どもは間違えること度々。間違える前に言葉がなかなか出てきません。

 

園ではクラスのお友達と一緒に遊んだり散歩に出かけたり、給食をいただいたり昼寝の様子を眺めたり家ではみられない園での生活を知る機会になりました。

担任の保育士さんからは、どんなお友達とどんな遊びをしているか、大きくなったら何になりたいか、給食時の様子等気になっていることのお話もあったそうです。

 

8月に長い髪を切ってから2か月半、伸びてきたので帰りに園のお友達のお父さんがやっておられる理容院でカットしてきました。

そこでもはしゃいで、急に動いたりしてハラハラさせたようです。

「Rちゃん、動きたいときは動くって言ってね。」と言われると「動きます。」の言葉と同時に動いて効果なし。(笑)

子供相手のカットは大変です。